では、ベースになる環境ができたので、Slim Frameworkを使ってみます。
/var/www/html以下に、「firstapp」というフォルダを作成して、ここをプロジェクトのディレクトリとして作業します。

Slim Frameworkのインストール

Composerでインストールします。

composer.jsonの内容を下記の通りにします。

{
    "require": {
        "slim/slim": "2.*"
    }
}

インストールします。

composer install

そうすると、vendorディレクトリが作成されます。

firstapp/
    composer.json
    composer.lock
    vendor/
        autoload.php
        composer/
        slim/

現時点ではこういうディレクトリ構造になっているはずです。

.htaccessを作成

firstappディレクトリに、下記の通りの.htaccessファイルを作成します。

RewriteEngine On
RewriteBase /firstapp/
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f
RewriteRule ^(.*)$ index.php [QSA,L]

firstappディレクトリ以下を要求するURLはすべて/firstapp/index.phpが呼び出されるようにする設定です。
要求に対してはすべてindex.phpがいったん受理して、それぞれの処理をしてレスポンスを返す、と言うアプリケーションの作り方をするわけです。

index.php

では、実際にやってみましょう。
firstapp/index.phpを作成します。

<?php
require_once 'vendor/autoload.php';

$app = new Slim\Slim();

$app->get('/', function () {
    echo "Hello world!";
});

$app->run();

書くのはこれだけです。

  • autoload.phpでComposerでインストールしたコンポーネントがロードされる
  • Slimオブジェクトを生成
  • GETで/にアクセスがあったら、「Hello world!」と出力する
  • アプリケーションを起動

と言うことをやっています。
これで、ブラウザからhttp://localhost/firstapp/を見てみると、「Hello world!」が表示されるはずです。
表示されたら、試しにhttp://localhost/firstapp/testとかを指定してみてください。そうすると、Apacheのではない404メッセージが表示されると思います。

000117

これは、Slimが指定されたURLのルーティングができなかった場合の404です。

000118
もしApacheの404が表示された場合は、.htaccessがないかおかしい、もしくはhttpd.confでAllowOverride Allができてないのだと思われます。

ルーティングを追加

では、http://localhost/firstapp/testと指定された場合の処理を追加します。

<?php
require_once 'vendor/autoload.php';

$app = new Slim\Slim();

$app->get('/', function () {
    echo "Hello world!";
});

$app->get('/test', function () {
    echo "test";
});

$app->run();

GETで/testが来たら、testと表示する……これだけです。

変数として取得

ブログなんかだと、http://localhost/test/999という指定で特定の記事を呼び出すことができます。

$app->get('/test/:id', function ($id) {
    echo "test:$id";
});

:idという形で指定すると、$idで呼び出す関数の引数として渡せますので、指定された数値に従ったレスポンスを返せば良いでしょう。

他にも、

$app->get('/param/:one/:two', function ($one, $two) {
    echo "param:$one and $two";
});

こんなことや、

$app->get('/wildcard/:params+', function ($params) {
	foreach ($params as $param)
		echo "wildcard:$param<br>";
});

こんな風にワイルドカード的なルーティングもできます。
このコードで、http://localhost/firstapp/wildcard/a/b/c/dという指定をすると

wildcard:a
wildcard:b
wildcard:c
wildcard:d

となります。

QueryParameterを取得

$app->get('/query', function() use($app) {
	$queryid = $app->request->get('queryid');
	echo "query: $queryid";
});

http://localhost/query?queryid=999のようなパラメータは、$app->request->get(‘hoge’)で取得できます。
コールバック関数で$appを使う場合は、関数名(引数)のあとに「use($app)」をつければ使えるようになります。

GET関連はこれだけできれば十分何とかなりますね。