Slimを使ってアプリケーションが動かせるところまで来ました。
実際は、POSTだとかSession,Cookie,データベースなどもっと色々基本的な要素はありますが、その辺は順次やっていくとして、まずは環境周りから……ということで、次はPHPUnit+stagehand-testrunnerです。

PHPUnitのインストール

PHPUnitもComposerでインストールしてしまいます。
composer.jsonは下記の通りです。

{
    "require": {
        "slim/slim": "2.*",
        "phpunit/phpunit": "4.1.*
    }
}

phpunitの行を追加します。
slimの行の最後のカンマを忘れないように。
実際の開発では、”require”ではなく、”require-dev”で指定して「composer install –dev」として、開発用の環境と運用用の環境で分けたりするようですが、いまは練習中なのでとりあえずrequireで指定しておきます。
composer.jsonを書き換えたら、updateです。

composer update

そうすると、関連したコンポーネントがずらずらっとインストールされます。
私の環境ではインストールの最後に下記のようなメッセージが出ました。

phpunit/phpunit suggests installing phpunit/php-invoker (~1.1)

php-invokerというものをインストールしてねってことらしいですね。

{
    "require": {
        "slim/slim": "2.*",
        "phpunit/phpunit": "4.1.*,
        "phpunit/php-invoker": "*"
    }
}

composer.jsonに追加して、もう一回「composer update」でOKです。

PHPUnitが動くかどうかテスト

PHPのテストコードは慣習的にtestsディレクトリに入れるようなので、firstapp/testsディレクトリを作成します。
その中に、FirstTest.phpというファイルを作成して、中身を下記の通りにします。

<?php
Class FirstTest extends PHPUnit_Framework_TestCase
{
    public function testPHPUnitRun()
    {
        $this->assertTrue(true);
    }
}

その後、firstappディレクトリで

vendor/bin/phpunit --tap tests

でテストを実行してみます。

TAP version 13
ok 1 - FirstTest::testPHPUnitRun
1..1

という表示が出ればOKでしょう。
assertTrue(true)をassertTrue(false)にしてもう一回テスト実行すると、

TAP version 13
not ok 1 - Failure: FirstTest::testPHPUnitRun
  ---
  message: 'Failed asserting that false is true.'
  severity: fail
  ...
1..1

と失敗するのがわかります。

stagehand-testrunner

ユニットテストをいちいちコマンドから実行するのではなく、ソースに変更があったらすぐに実行してくれるようにするツールです。
これもComposerからインストールです。

{
    "require": {
        "slim/slim": "2.*",
        "phpunit/phpunit": "4.1.*,
        "phpunit/php-invoker": "*",
        "piece/stagehand-testrunner": "3.6.*"
    }
}

こうなります。
うちの環境では、

symfony/dependency-injection suggests installing symfony/proxy-manager-bridge (Generate service proxies to lazy load them)
symfony/console suggests installing symfony/event-dispatcher ()

こんなんが出ました。
これなんですが、何も考えずにcomposer.jsonに追加したんですけど、さらに追加してくれって言うのが出てきて、大脱線劇が繰り広げられてしまうので今回は無視しました。
その後は、

vendor/bin/testrunner compile -p vendor/autoload.php

まずこれを実行します。
いまいち意味がわかっていませんが、テスト実行する際の前準備として認識しています。
そして、

vendor/bin/testrunner phpunit -p vendor/autoload.php -a tests

こうするとソースコードの変更を待ち受けてくれるようになります……んですが、なんかエラーをはきました。

Warning: require_once(PHPUnit/Autoload.php): failed to open stream: No such file or directory in /var/www/html/secondapp/vendor/piece/stagehand-testrunner/src/Stagehand/TestRunner/Preparer/PHPUnitPreparer.php on line 40

(以下コールスタックがだーっと)

要約するとPHPUnit/Autoload.phpがないぞってことなんですが、確かにそんなフォルダもファイルもないのです。
引っかかっているコードを見ると、

namespace Stagehand\TestRunner\Preparer;

require_once 'PHPUnit/Autoload.php';

use Stagehand\TestRunner\CLI\Terminal;
use Stagehand\TestRunner\DependencyInjection\PHPUnitConfigurationFactory;

確かに、なにかrequireしている。色々調べたんですがいまいちよくわからず、最後にgithubに何か情報はないかと、コードを確認してみると……

namespace Stagehand\TestRunner\Preparer;

if (!class_exists('PHPUnit_Runner_Version')) {
    require_once 'PHPUnit/Autoload.php';
}

use Stagehand\TestRunner\CLI\Terminal;
use Stagehand\TestRunner\DependencyInjection\PHPUnitConfigurationFactory;

なんかコードがちょっと違う。
明確な意味はわからなかったけど、このif文の感じだとPHPUnitがロードなり初期化されていなかったらrequireするということなので、今の環境だったらすでに別のautoload.phpで全部お膳立てされているはずなので、PHPUnit/Autoload.phpを読み込む必要はないのでは?とか考えました。
で、このifブロックを移植してきて実行したら……

PHPUnit 4.1.1 by Sebastian Bergmann.

.

First
 [x] P h p unit run

Time: 85 ms, Memory: 7.00Mb

OK (1 test, 1 assertion)

動きました。
この状態でFirstTest.phpを触ると、自動的にテストが実行されることがわかります。

とりあえず、初歩的な部分だけですがユニットテストが実行できて、それが自動的に走るようになりました。