.netのテキストボックスには、ImeModeというプロパティがあり、業務システムなんかだとまあ大体IMEのオン/オフを制御しますね。
ただ日本語、中国語など複数のIMEを切り替えるようにはできていませんので、日本語だったら日本語IME、中国語だったら中国語IME……というのはImeModeだとできません。

System.Windows.Forms.InputLanguageを使うとIME自体を変更することができます。

インストールされているIME

InputLanguage.InstalledInputLanguagesにCollectionとして入っています。

foreach (InputLanguage il in InputLanguage.InstalledInputLanguages)
{
    listBox1.Items.Add(il.LayoutName);
}

000128

こんな感じでListBoxに列挙することができます。

000131

ちなみにインストールされているのは上記になります。

現在選択されているIME

InputLanguage.CurrentInputLanguageが現在のIMEです。
ちなみにInputLanguage.DefaultInputLanguageは、デフォルト指定しているIMEが入っています。

//現在選択されているIME
this.textBox1.Text = InputLanguage.CurrentInputLanguage.LayoutName;
this.textBox2.Text = InputLanguage.CurrentInputLanguage.Culture.Name;
this.textBox3.Text = InputLanguage.CurrentInputLanguage.Culture.DisplayName;

//デフォルトに指定されているIME
this.textBox4.Text = InputLanguage.DefaultInputLanguage.LayoutName;

こんな感じです。
000132

 

IMEを切り替える

使うIMEを切り替える場合は、Windows8だったら「Win+Space」とか「Shift+Alt」とかで変わりますが、.netではInputLanguage.CurrentInputLanguageに変えたいInputLanguageを設定するだけです。

private void ChangeIme(string culture)
{
    foreach (InputLanguage il in InputLanguage.InstalledInputLanguages)
    {
        if (il.Culture.Name == culture)
        {
            this.ChangeIme(il);
            break;
        }
    }
}

private void ChangeIme(InputLanguage inputLanguage)
{
    InputLanguage.CurrentInputLanguage = inputLanguage;
}

とりあえずこんな感じにしてみました。

Culture.Name(ja-JPとかzh-CN)を指定したら、そのcultureのInputLanguageを探してそれをCurrentInputLanguageにぶっ込むだけです。
foreachで総当たりしてるだけなので、Culture.Name以外で識別できるものだったら何でもいいですね。
なんかさくっと検索する方法が見つからなかったので、foreachで回してます。まあ、入っているInputMethodなんか知れてますし。

IMEが切り替わった時のイベント

FormにはInputLanguageChangingInputLanguageChangedと言うのがありますので、それを使うといいでしょう。

これは、コード上で変更しても、Windowsの操作で変更しても発生しますので、もしなにか使って欲しくないIMEに切り替えられたら……とかいうときにも使えますが、そんなケースそんなにあるようにも思えません。
Changedの方で画面表示を変えてあげるぐらいでしょうか。

ImeModeとの兼ね合い

これでIMEを切り替えた時には、ImeModeも意識しておかないといけません。
たとえば、テキストボックスのEnter時にIMEを切り替えるようにしておいたとして、その時ImeModeをOffにしてあると、IMEが変わっても結局直接入力と変わりません。