ScalatraでHello WorldのWindows版もやってみます。

手順は、CentOSの時と同じなんですが、インストール関連がWindows用になります。
Windowsは64bitの8.1、Javaは7 update 79です。

Conscriptのインストール

GitHubのConscriptのページのInstallationに、conscript-0.4.4.jarのリンクがあるのでそれをダウンロードします。

java -jar conscript-0.4.4.jar

でインストーラーが起動して、インストールしてくれます。(イラストが、なんか独特ですが……)
インストール先は、ユーザーフォルダのbinになりますので、c:\users\username\binみたいなところになるはずです。
ここにはPATHを通しておきます。

giter8

CentOSの時と同じく、

cs n8han/giter8

でOKです。

sbt

sbtは手動でインストールしておく必要があります。
Installing sbt on Windowsからインストーラーをダウンロードしてインストールしておきます。

プロジェクト作成

同じです。

g8 scalatra/scalatra-sbt

ビルドと起動

ディレクトリを移動してからsbtで大丈夫です。
sbtのインストーラーがsbt.batと言うファイルを作ってくれています。
もし、sbtがないとか言われたら、sbtのインストールフォルダ(C:\Program Files (x86)\sbt\bin)にパスが通っているか、また環境変数SBT_HOMEにそのフォルダが設定されているかの確認が必要でしょう。
CentOS同様、結構時間がかかります。

起動もcontainer:startで同じ結果になります。

で、sbtのプロンプトが出ている状態で、

browse

というコマンドを打つと、ブラウザでhttp://localhost:8080/が開いてくれます。便利ですね。

これでとりあえずWindowsでも動かしてみることができたので、Windows側で作って、Git経由してLinux環境で動作確認とかもできそうです。